ドラッグストアは薬だけを販売しているわけではありません

この話は、ドラッグストアで働く事になった話です。

 

私も含めて、皆さんもドラッグストアに行く回数は、あまり多くないと思います。ですが、それは一昔の話だと気付いている方も多いと思います。今のドラッグストアには薬品だけが置いているわけではないからです。

 

ドラッグストアには、基本的に2種類の従業員がいます。販売員と、薬剤師です。ドラッグストアだから薬剤師だけいればいいと思う方もいるかも知れませんが、薬以外のものは資格がなくても良いので販売員に任せるのです。今では薬に関係のない日用雑貨のような物も販売しています。求人で、良く見るのは販売員ですが、必ず薬剤師もあるのは資格取得者の人数が少ないからだと聞いたことがあります。

 

ココでは、オープン前に在庫チェックを念入りにします。薬には少しの油断も出来ないか

らです。転職希望の求人を見て来られた人は知識が在ると思いますが、知識がある人でも慎重に薬の期限を確認しています。それほど、重要な物だからです。

 

販売だけの人は、在庫管理プラス綺麗に見えるように整理整頓に重点を置いて作業をするのが基本です。

 

このように、職種によって始める仕事の内容は違いますが、思っていることは同じです。

「お客様の為に出来ること」を考えて働いているということです。