大盛さんは集配ドライバーで働く。

実際に仕事をしていて思うこと

ドライバーの仕事なんでただ単に車に乗っておけばいいから「超余裕!」と思っていたのですが、意外とそうではないんですね。してみると苦しいこともあるもんですわ。なんたって夜中も走るわけですからね。眠いのなんの…眠たくて途中意識失っていたこともありましたわ(もう危険運転ですがね)けど、それでもやっぱりやりがいとかあるんで辞めれないんですよね。

していて本当に良かったと感じた出来事

最短ルートを自分で見つけていった時ですかね。そして、ETCの経費削減に取り組んで一位をとった時ですな。私はこの仕事をする前から昼休みに地図を見るのが多くて、こうした地理的な仕事は得意だったんですよ。ですので「これは、バイパスだから…この密つかっても有料じゃないわ」っての考えながら運転をしたんです。そしたらそれが経費削減になり、年間500万円の経費削減に努めることができるようになったのです。

こんなお客さんに私は腹が立ってしまった。

配送ってことであまり人と接することはないと思いますが、運んだ先の人が「物が壊れている」とクレーム出した時には本当「は?!何言ってるんだこいつはと本気で思いましたね。そして思わず手が出そうでした。だけど頑張って耐えたんですわ。

 

どうしてこのトールエクスプレスジャパンに入ったのか?

ルート配送ってのに惹かれましたね。やっぱりルート配送ってのは面白くていいなと思いますよ。