後藤田綾さんはアパレル販売で働く。

実際に仕事をしていて思うこと

していて本当に良かったと感じた出来事

私は、元々洋服を販売する仕事がしたいと思っていました。人が綺麗になるお手伝いをさせて頂くことが好きだからです。お店に来店されたお客様を綺麗にコーディネイトさせて頂くことが何よりも好きだからです。私には可愛い妹が2人います。その可愛い妹達が満足できるようなことを日々していたので人を綺麗にコーディネイトすることが好きになり自分の実力が徐々に上がっていることが実感できています。

 

こんなお客さんに私は腹が立ってしまった。

こういう仕事をしていると。お客様に相談されることは日常茶飯事のことなのですが、その中で執拗に聞かれるお客様がいました。私は、普段通りにお客様と話をしながら好みの物をチョイスしました。こういうお客様もいらっしゃるとは思ってはいました。私が未だに会ったことがなかっただけだったのですが私が選んだ物を全て否定して「あなたのセンスのなさには驚きを隠せないわ」等の罵声を浴びせてから全く違う商品を購入して帰られました。正直に自分のセンスを疑う前に何の恨みがあってあそこまで云われなければいけないのかと思いました。

 

どうしてこのエムズガウラン㈱に入ったのか?

求人を見て惹かれたところ

アパレルの仕事を探していた私にとっては、実際に働いている人の声があるということは凄くその求人の力を引き立てると思います。私もスタッフの声で求人に惹かれて連絡をしました。